借地権底地を売却

次にお話しすることは、借地権、底地を売却するポイントです。賃借権の場合において、売却という場合、あらかじめ土地所有者である地主の承諾を得る必要があります。地主さんの立場からすれば、収益となかなかすることが出来ない、底地を適当に売ってしまいたいモチベーションも起こるかもしれません。

まず、譲渡について考えるときには、借地人の立場からしたら建物を地主に買い取ってもらえるかどうかを検討する必要があり、更に、地主さんの立場からすれば、底地を借地人に売ることを前提として考えてみましょう。

実際には、スムーズに、借地・底地の問題が、当事者の間で解決出来ることがベスト条件ではないでしょうか。借地権の評価ということも考える必要があり、借地権評価が60%とか、底地40%といった割合のことです。相続不動産を評価するための数字であり、国税庁が路線価で発表をしています。

ただし、売却するという時に、そのままの割合で、適用されるということではありません。このとき、借地人からしたら、地主さんに対して借地権割合を基準にして売却をしたいと考えるでしょうし、逆に地主さんからすれば、高いお金を払って借地権を買うことはなかなか売れ入れがたい問題のはずです。